かくれ不眠と不眠症との違いとは

かくれ不眠とは毎日ではないけれどなかなかねつけれなかったり、眠りが浅くて早く目が覚めたり、何か心配事があって眠れなかったりする日が週に2日くらいある人のことです。毎日ではないので自分は病気ではないと思ってしまうのです。でも、仕事や家庭で大きなストレスが加わると一時的に眠れなくなったりすると仕事や日常生活に支障が出てきます。ストレスで眠れないのは、脳が疲れているせいなのです。1日がんばって働いたら必ず脳を休ませてあげないといけませんが、それがストレスによって妨げられるのです。そうなると、睡眠状態が悪くなり生活に悪影響が出てきます。また不眠症との違いは毎日その状態が続くということなのです。不眠症はとにかくねつけれない、寝ても早く目が覚める、眠りが浅いといった症状で毎朝疲れている状態なのです。いい時もあれば悪い時もあるといったわけではなく毎日悪い状態なのです。眠らなくても大丈夫、眠る時間がもったいないといった人は一番不眠症に陥りやすい状態なのです。そして、精神や健康状態に大きな影響が出てしまうのです。不眠症になってしまうと睡眠不足以外にも寝ていても眠りが浅いので朝起きた時に疲れが残っていたり疲れているのです。

sleep_l

コメントは受け付けていません。