起きた時にスッキリ感がない場合

寝つきも悪くはないし睡眠時間もしっかりと取れているはずなのに、起きた時にスッキリ感がない場合は熟眠障害の可能性があります。眠りに必要なのは質と量だといわれています。睡眠時間をしっかりと取れていても、眠りの質が良くないと体が本来必要とする睡眠をとっていることにはなりません。普通1日や2日睡眠が良質なものでなくても体が調節して次に眠るときはぐっすりと眠れるのですが、その調整機能がうまく働かなかったり、他の要因で眠りが浅くなることが数週間など長期間で続くような場合はこれを疑ってもよいでしょう。夜中に何度も目が覚めることが原因で熟睡できないということもありますが、そうではなく朝まで寝ているはずなのに熟睡できていないという場合は、心理的ストレスや不安感が原因の睡眠障害と違って、生活環境や寝具などが直接影響していることもあります。寝具を変えたりしたなど、眠りが良好だった頃とくれべてなにか変化はなかったか原因を考えてそれを改善してみてください。生活環境や自己流での眠りの改善に効果がみられないときは、睡眠無呼吸症候群など他の疾病が原因になっていることの心配もでてくるので医療機関を受信するのも改善の方法です。

 

sleep_l

コメントは受け付けていません。