寝る前のスマホやパソコンは厳禁

ブルーライトとは、パソコンのディスプレイや携帯電話・スマートフォンなどから発せられる青色領域の光であり、デジタル家電が普及している現在では日常的に影響される場面が多くなっています。
それ自体は太陽光などにも含まれている理由から、本来は有害光線でなく身体を活性化させて目覚めを促したり体内時計を調整する役割も含んでいます。
しかし、ブルーライトを受ける頻度が長時間に及んでしまうと、眼精疲労や脳の疲れ及び興奮作用を誘発する危険性が高くなるので注意が必要です。
特に各種端末を利用したデスクワークを中心とする業務では、ブルーライトの影響を受ける時間が長くなる傾向にあり、様々な対策が求められてきます。
主な対策としては、パソコン専用のメガネを使用したり定期的に休息を取る事が挙げられますが、それだけでブルーライトを完全にカットするのは難しいのが現状です。
また、寝る前にパソコンやスマートフォンを駆使する生活習慣では脳への直接的な影響が大きく、眠れなかったり眠りが浅いといった障害を招く原因となります。
これらは体内時計の調整を狂わせるだけでなく自律神経系のバランスを崩してしまい、様々な不調の原因として危険視されていますsleep_l

コメントは受け付けていません。